(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 20年ほど前、雑誌の取材で、とあるプロサッカーチームのコーチと話す機会があった。夏場の強行スケジュールの中、出場メンバーをどうやりくりするかといった月並みな話題だったのだが、コーチ氏が漏らした言葉が、今でも印象に残っている。

 「あのね。試合を作るのは、芝の上の選手だけど、シーズンを作るのは試合に出てない選手なんですよ」

 とコーチ氏は言ったものだった。

 彼の言によれば、たしかに当面のゲームの勝敗を決するのはフィールドを走っている選手たちなのだが、1シーズンを通したチームの状態と、来季に向けた中長期的な戦略は、むしろベンチのメンバーや、ベンチ入りさえしていない練習場の若手の潜在能力と成長にかかっているのだという。つまり、3年後のチームはベンチと練習場の芝の上にすでに存在している。コーチの仕事は、目前の試合のみならず、近未来のチームの骨組みを作るところにある。だから面白いのだ、と。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り858文字 / 全文1259文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。