(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 いつになったら、このコロナ禍が片付くのだろう……ふと気がつくとそんなことを考えている。無理もない。私に限らず、多くの日本人は、我慢の限界の崖っぷちにいる。

 ただ、コロナ禍の終息なりソフトランディングについて何か言うのなら、大切なのは、その時期ではない。

 たしかに、商品の仕入れや、店舗再開を検討している人々にとって、コロナ禍自体よりも、それが「いつ」終息するのかの方がずっと大きい。

 直截な話、投資家(あるいは「投機筋」)にとっては、経済面での正常化が、1~2週間、早まるか遅れるかで、利益を確保できたり、逆に損失をこうむることになったりするはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り957文字 / 全文1242文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。