(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 三が日が過ぎて、世間が動き出した1月5日の朝、北朝鮮がまたしても不可解なブツを打ち上げた。新聞各紙の表記では「弾道ミサイルの可能性があるもの」てなことになっている。

 なんでもその「飛翔体」は、日本のEEZ(排他的経済水域)の外側に着水したらしく、幸いにも、船舶や人命への被害は報告されていない。

 一部では、というよりも、お屠蘇気分がいまだ抜けきっていないわれらニッポンの善男善女の大多数は、「趣向の変わったお年賀だろ?」 という感じに受け止めている。いや、相手はミサイルだ。冗談のネタにしてよいものではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り963文字 / 全文1227文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。