(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)
[画像のクリックで拡大表示]

 米政権が中国に対して「外交ボイコット」を発動するらしい。はじめて聞く言葉だが、要は2022年の2月に開催される予定の北京冬期オリンピック・パラリンピックへの圧力だ。北京冬期五輪に参加する方針は変えないものの、選手団以外の外交使節団を派遣しないというのだ。

 ホワイトハウスのサキ報道官は「新疆ウイグル自治区などで強行されている中国政府による人権弾圧に抗議する」との意味合いを強調している。昨今の話題では、中国共産党の党幹部に関係を迫られたことを告白した後、行方不明になっている中国の女子テニス選手、彭帥さんの事例も影を落としているのだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り977文字 / 全文1254文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。