(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 9月28日の夕方、国民的アイドルグループ「嵐」の2人のメンバーが結婚したことを明らかにした。といってもメンバー同士が同性婚を果たしたのではない。櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)の両氏が、それぞれ別の相手との入籍を同時発表したわけだ。

 「芸能ニュース」なるジャンルは、21世紀にはいって急速に滅びつつある。そんな中、今回のネタは、久々のビッグニュースだ。しかしながら、この祝福すべき話題を、多くのウェブメディアは、冒頭で私が書いたカタチの、まぎらわしいヘッドラインで伝えた。記事内容を端的に要約するという「見出し」の基本を守れないほどデスクの日本語能力が衰えている、そういうことなのだろうか。

 私は必ずしもそう考えていない。まぎらわしい見出しの急増は、「見出し」そのものの役割が、この10年ほどで変貌したことを物語っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り881文字 / 全文1253文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。