(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 新型コロナウイルスの感染が確認されてから1年半が経過した。この間、専門家の分析や提言は、必ずしも一致していたわけではない。予測を修正する先生方もいたし、前言を翻した専門家も少なくない。

 とはいえ、専門家の見方なり言い方に多少の「ブレ」が生じるのは、コトの性質上、しかたのないことだ。1年半もたてば研究も進み、ウイルスの性質や被害の理由も徐々に明らかになる。ワクチンや治療薬の効果をどんなふうに評価するのかについても、当然、見方は変わるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1118文字 / 全文1348文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。