(イラスト=小田嶋 隆)

 東京五輪・パラリンピック大会の開幕を2カ月後に控えたタイミングの5月下旬、米国務省(日本でいう外務省ですね)が、日本に対する渡航警戒レベルを4段階で最も厳しい「渡航中止の勧告」に引き上げる旨を発表した。

 この突然の警戒レベル引き上げに込められたメッセージを、われわれはどんなふうに読み取るべきなのか……てな調子の自問自答には、実のところ、たいした意味はない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1109文字 / 全文1305文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。