(イラスト=小田嶋 隆)

 これを書いているのは10月29日で、掲載誌が出るときには決着が付いているわけだが、11月3日の米大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領が当選した場合、政府は菅義偉首相の訪米を見送る意向らしい。え? ……と、私は驚愕しつつ、記事を読み直すが内容は変わらない。菅首相は、バイデン氏が当選したら訪米を見送り、トランプ大統領が再選を果たした場合は、お祝いのためにいちはやく駆けつけるつもりでいるのだという。なんてことだ。

 いや、人には好き嫌いがある。それはわかっている。そうした表面的な感情を別にしても、二国間関係には簡単には整理できない要素がからんでいる。単純な双方の意思とは別に、関係を調整するチャンネルの有無もある。とすれば、選挙結果次第で訪米の時期が変わることはあり得るのだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1018文字 / 全文1371文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。