全1353文字
(イラスト=小田嶋 隆)

 菅義偉首相が「日本学術会議」の新会員105人のうち6人を任命から除外した問題がいまだにくすぶっている。

 任命拒否の撤回が無理でも、拒否の理由を適切に説明できていれば、騒動はここまで長引かなかったはずだ。

 しかし、考えてみれば、「適切な説明」は原理的に不可能だ。

 「政府の意に沿わない発言をした学者を除外した」と、有り体にぶっちゃけてしまったら、それはそのまま「強権発動」ないしは「学問の自由の否定」になってしまう。かといって、任命除外の具体的な理由を、もっともらしくでっち上げにかかったら、それはそれで、どう言ったところで、除外理由が名誉毀損になるはずだ。