(イラスト=小田嶋 隆)

 菅義偉首相が「日本学術会議」の新会員105人のうち6人を任命から除外した問題がいまだにくすぶっている。

 任命拒否の撤回が無理でも、拒否の理由を適切に説明できていれば、騒動はここまで長引かなかったはずだ。

 しかし、考えてみれば、「適切な説明」は原理的に不可能だ。

 「政府の意に沿わない発言をした学者を除外した」と、有り体にぶっちゃけてしまったら、それはそのまま「強権発動」ないしは「学問の自由の否定」になってしまう。かといって、任命除外の具体的な理由を、もっともらしくでっち上げにかかったら、それはそれで、どう言ったところで、除外理由が名誉毀損になるはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1064文字 / 全文1353文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。