(イラスト=小田嶋 隆)

 インターネット通販大手アマゾンが運営する有料会員向けサービス「アマゾンプライム」の地上波テレビ向けコマーシャル(CM)に、コメディアンの松本人志氏と政治評論家の三浦瑠麗氏が起用され、これに抗議する動きが広まっている。

 具体的には、ツイッターの「ハッシュタグ」という機能を使って「(アマゾンプライム会員を)解約しました」と投稿する人々が続出している、ということのようだ。

 アマゾンでは、月額500円の「プライム会員」に登録すると、通販の配送料割引などの特典が与えられたり、「プライムビデオ」の動画が無料で見放題になったりする。6500万曲の楽曲を聴き放題の「Amazon Music Unlimited」への加入料金も割引になる。私自身、数年前からプライム会員になっている。 ……と、なんだか、公共の誌面を使って私企業たるアマゾンの宣伝をしているみたいな具合なのだが、実はGAFA(Google、Amazon、Facebook、Appleという4つのグローバル企業の頭文字を取った総称)に原稿で触れた者は、必ずや彼らの使いっ走りに堕すことになっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り868文字 / 全文1352文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。