(イラスト=小田嶋 隆)

 毎年とんでもない豪雨がやってくる。で、気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨」を繰り返す。

 この言い回しを聞くたびに、私は「誰の経験だ?」と真正直に反応してしまうのだが、調べてみるとこの「経験」とは「府県程度の広がりの範囲内で、50年に1度の値を超過した5km格子の数が解析雨量48時間積算および土壌雨量指数において50以上になるか、解析雨量3時間積算および土壌雨量指数において10以上になった場合を指す」のだそうで、つまり、補っていえば、「当該の地域に住む人が、この50年ほどの間に1度も経験したことのないような大雨」ということになる。

 気象庁としては、過度に厳密な官僚的言明を避けつつ、主語を省略しても大略が通じる日本語の特性を生かして、簡明な表現を採用したのだろう。まあ、気持ちはわかる。しかし、ただでさえ詩的な感興を招きやすい気象関連の言葉を、主語を省いた形でアナウンスされると、ポエムに聞こえてしまうわけで、そこがニュース映像の緊迫した絵面(えづら)と似合わなくて困惑するわけですね。ええ、余談でした。

 ワイドショーを見ていると、時に、命に関わる大災害の画面を背景に、お気楽な余談をカマすコメンテーターが現れてびっくりさせられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り826文字 / 全文1361文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。