(イラスト=小田嶋 隆)

 いまタイプしているこのテキストが活字になっている時点で、東京都知事選ならびに都議選の補選(北区)の結果はすでに出ているはずだ。なので遠慮なく書くことにする。

 選挙のたびに多数の泡沫候補が出馬することを良く言わない人たちがいる。たしかに、彼らの演説やポスターや選挙活動は、目障りではある。しかし、選挙という制度の本旨からすれば、多様な立候補者が出馬すること自体は良いことだ。彼ら「無頼派立候補者」については、畠山理仁氏が書いた『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社文庫)という本が大変に面白い。ぜひ一読をおすすめしたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1086文字 / 全文1369文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。