(イラスト=小田嶋 隆)

 自らが受けた性暴力被害を公表しているジャーナリストの伊藤詩織さんが、自身を誹謗中傷するイラストをツイッターに投稿されたとして、漫画家のはすみとしこ氏に550万円の損害賠償を求める提訴を起こした。伊藤さんは、当該投稿をリツイート(転載)したクリエーターと医師の男性2人にも、合わせて220万円の支払いを求めている。

 やりきれないのは、この提訴を「表現の自由に対する圧力」と決めつける主旨のどうにも不見識なツイートが、無視できない数の賛同者を集めながら拡散されつつあることだ。

 そもそも、はすみとしこ氏のイラストは、伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏による性暴力被害を公表したことを揶揄嘲笑したものだ。訴状によれば、はすみ氏は2017年6月~2019年12月にかけて、自身のツイッターに「枕営業大失敗」と描かれた女性のイラストや「当時米国でキャバ嬢として働いてた詩織ちゃん」などと書いた5つのツイートを投稿している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り923文字 / 全文1340文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。