(イラスト=小田嶋 隆)

 5月21日発売の「週刊文春」が報じた新聞記者との賭け麻雀疑惑の報道を受けて、同日、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が、辞意を表明した。

 びっくりだ。どこからツッコんでいいのやら見当がつかない。それほど謎だらけのニュースだ。

 そもそも、文春が、5月1日の麻雀を21日に報じているのが解せない。もっと早い段階(13日発売の号)で第一報を出すことも可能だったのではないだろうか。それを、政府が検察庁法改正案の今国会成立断念を発表した(18日)後のタイミングで、記事化したのだとしたら、どういう理由からなのだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1042文字 / 全文1307文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。