(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 わが国で新型コロナウイルスによるはじめての死者が出たのは2月13日だった。で、同月の27日には、政府が全国の小中高校に休校を要請している。

 この間の不安と自粛の拡散スピードは、東日本大震災直後のそれを超えているかもしれない。個人的には、今回の方が、出口が見えていない分だけ、不安の度合いが大きい気がしている。

 東日本大震災以来のこの10年ほどは、大きな災害や事件が続発する極めて不安定な期間だった。

 その一方で、わたくしども日本人は、社会不安に対して強い「耐性」を身に付けている。たとえば、私自身もそうだが、令和の日本人は、震度4までの地震にはほとんどまったく動じない。災害時に流れてくる流言飛語にも、簡単にはだまされなくなっている。震災後のデマの拡散と収束を観察した経験は、われら日本人のメディアリテラシーを大いに鍛えてくれた、と、少なくとも私はそう思っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り947文字 / 全文1338文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。