全1338文字
(イラスト=小田嶋 隆)

 わが国で新型コロナウイルスによるはじめての死者が出たのは2月13日だった。で、同月の27日には、政府が全国の小中高校に休校を要請している。

 この間の不安と自粛の拡散スピードは、東日本大震災直後のそれを超えているかもしれない。個人的には、今回の方が、出口が見えていない分だけ、不安の度合いが大きい気がしている。

 東日本大震災以来のこの10年ほどは、大きな災害や事件が続発する極めて不安定な期間だった。

 その一方で、わたくしども日本人は、社会不安に対して強い「耐性」を身に付けている。たとえば、私自身もそうだが、令和の日本人は、震度4までの地震にはほとんどまったく動じない。災害時に流れてくる流言飛語にも、簡単にはだまされなくなっている。震災後のデマの拡散と収束を観察した経験は、われら日本人のメディアリテラシーを大いに鍛えてくれた、と、少なくとも私はそう思っている。