(イラスト=小田嶋 隆)

 2月17日、東京オリンピック・パラリンピックの大会モットー「United by Emotion」が発表された。選定には女優の草刈民代氏らが参加したという。私は、恥ずかしながら「大会モットー」というものがあるとは知らなかった。で、ホームページの解説を見に行った。そもそも大会モットーとは何なのか。

 《大会モットーとは、大会ビジョンを研ぎ澄まし、大会の主催者が世界と共有したいアイデアやコンセプトの本質をとらえる3~5ワードのシンプルな英語のメッセージです。》《参考和訳は「感動で、私たちは一つになる」です。》 とある。わかったようでわからない。そこで、さらにさかのぼって「大会ビジョン」を見に行ってみる。

 《スポーツには世界と未来を変える力がある》というメッセージと、その下に、やや小さめの活字で、《1964年の東京大会は日本を大きく変えた。2020年の東京大会は、「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」、「一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)」、「そして、未来につなげよう(未来への継承)」を3つの基本コンセプトとし、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とする。》というボディコピーが書かれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り827文字 / 全文1361文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。