(イラスト=小田嶋 隆)

 開幕を8カ月後に控えた東京オリンピック・パラリンピックでは、期間中に「大会ボランティア」や「都市ボランティア」として、合わせて10万人を超えるボランティアが活動することになっている。そんななか、東京都は、都内の学校に通う中学2年生から高校3年生までの生徒6000人を、ボランティアとして募集する計画を立てている。

 NHKによれば、取材の結果、学校によっては「半ば強制的に」参加人数が割り振られていたことが分かった、ということなのだが、学校のような場所でボランティアの人数集めが行われれば、多かれ少なかれこういうこと(←「募集」の名において、応募の「強制」が生じる事態)が起こることは、記者が取材をするまでもなく、誰にでも見当がつくことだ。

 むしろ、実態は、記者の目に映ったより深刻であるのかもしれない。というのも、よく訓練された生徒は、「自発性」という言葉自体を、ひとつの「義務」として受け止めるものだからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り927文字 / 全文1340文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。