(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 毎日新聞の朝刊に「仲畑流万能川柳」という、コピーライターの仲畑貴志氏が選句する川柳の連載がある。開始は1991年で、してみると、もう20年続いている長寿企画ということになる。

 個人的に、「万川(以下、この略称を使います)」は、毎日新聞の紙面の中で必ずチェックする欄だ。毎回必ず面白いわけではないのだが、それでも、ほっとさせるワンフレーズがあったり、意外な結句にうならされることが多い。その「万川」にヤバい句が載ったという話を聞いて、早速、毎日新聞のサイトをのぞきにいってみたところ、既に当日分の「万川」は消えていた。ん? なんだこれは。

 8月29日現在、サイトでは以下のような説明が置かれている。

 「27日の仲畑流万能川柳の記事は削除しました。毎日新聞社として、掲載に当たり『嫌韓』をあおる意図はありませんでしたが、『嫌韓をあおる』と受け止められた方がいらっしゃったという事実については、真摯に受け止めております。」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り929文字 / 全文1347文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。