(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 「2020東京五輪」は、来年の7月24日に開会式を迎える。ということは、この原稿が活字になるころには、「開幕まで1年」の区切りを過ぎている。おそらく、テレビをはじめとするメディア各社は、総掛かりでカウントダウンをあおっていることだろう。

 とはいえ、聞こえてくるのは耳を疑うヤバいニュースばかりだ。

 思えばケチの付きはじめは、新国立競技場の設計図だった。コンペを経て設計者の座についたザハ・ハディド氏(故人)が出してきたプランが、予算を大幅に上回るバブリーな巨大建築物だったからだ。で、21世紀になってこのかた不況のトンネルの中で暮らしてきたうちの国には無理です……ってなことで、設計者を変更して、ややこぢんまりとした新スタジアムの設計決定にこぎつけたのが、2015年のことだった。

 ところが、16年の春になってみると、なんとその隈研吾氏設計による木製スタジアムの設計図に聖火台を置く場所がなかったことが判明する。「なんと間抜けなミスだ」と、私自身、その当時は立腹していたのだが、じきに忘れてしまった。いや、無念だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り874文字 / 全文1341文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。