7月9日、共同通信のサイトに印象的な記事がアップされた。見出しは「河野外相、産経新聞に陳謝」となっている。続くリードでは《「ひどい捏造」と書き込み》と付帯状況が説明されている。以下、記事に沿って事態を振り返ってみる。

(イラスト=小田嶋 隆)

 まず産経新聞が、7月2日付朝刊で、「河野氏が1日の講演で、北方領土問題に関し、ロシア側に4島返還を求めるつもりはないとの考えを示した」という旨の記事を掲載した。

 これを受けて、河野太郎氏は「ひどい捏造」とツイートし、さらに記者団に対して「誤報」と説明した。

 ところが、産経新聞には、当日の講演の録音が残っており、それによると、河野氏は、「4島返還に立ち戻って交渉をやり直すことは考えていないのか」という質問に対して「全く考えていない」と明確に答えている。

 動かぬ証拠というヤツだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り974文字 / 全文1334文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。