川崎市の事件(登戸の児童連続殺傷事件)についてのテレビのコメントはどれもひどいものだった。

(イラスト=小田嶋 隆)

 5月28日の「グッディ!」(フジテレビジョン系)では、安藤優子氏が「自分1人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか」と言い、31日の「ひるおび!」(TBS系)では、落語家の立川志らく氏が「育てた伯父伯母は高齢なので責任を問うのは酷だが(略)もっと早く何とかできた。こういうモンスターを作り上げる前に小遣いを顔も見ずに与えてた。どんどん甘やかしてたわけでしょ」と、家庭の甘やかしが犯行を招いたかのような分析を開陳している。

 週末の番組でも「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で、ビートたけし氏が「ひきこもりは日ごろから監視して、包丁を買った時点で動くべき」という意味の発言をしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1007文字 / 全文1362文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。