全1362文字

 川崎市の事件(登戸の児童連続殺傷事件)についてのテレビのコメントはどれもひどいものだった。

(イラスト=小田嶋 隆)

 5月28日の「グッディ!」(フジテレビジョン系)では、安藤優子氏が「自分1人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか」と言い、31日の「ひるおび!」(TBS系)では、落語家の立川志らく氏が「育てた伯父伯母は高齢なので責任を問うのは酷だが(略)もっと早く何とかできた。こういうモンスターを作り上げる前に小遣いを顔も見ずに与えてた。どんどん甘やかしてたわけでしょ」と、家庭の甘やかしが犯行を招いたかのような分析を開陳している。

 週末の番組でも「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で、ビートたけし氏が「ひきこもりは日ごろから監視して、包丁を買った時点で動くべき」という意味の発言をしている。