全1367文字

 総務省が4月22日の早朝に発表した、第19回統一地方選挙後半戦関連のデータを見るに、59の市長選の平均投票率は、47.50%と、過去最低を記録している。このほか、283の市議選は45.57%、東京特別区の20区議選が42.63%、66町村長選は65.23%、282町村議選は59.70%と、いずれも過去最低の記録を更新している。

(イラスト=小田嶋 隆)

 41の道府県議選、6つの政令市長選、17の政令市議選で過去最低の平均投票率を記録した、統一地方選前半戦に引き続いて、有権者の関心の低さが明らかになった形だ。