公立福生病院(東京都福生市)で、昨年8月、腎臓病患者の40代女性が人工透析治療をやめた後に死亡していたことがわかった。医師が透析継続と中止の選択肢を示したところ、女性は中止を選んだという。

 このニュースへの世間の反応の圧倒的多数は、病院側の患者への対応の不適切さを指摘する声だった。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 たとえば、精神科医で筑波大学教授の斎藤環氏が、3月10日、ご自身のツイッター上にこう書き込んでいる。以下、そのまま引用する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1116文字 / 全文1334文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。