2月24日に沖縄県名護市辺野古への基地建設の賛否を問う県民投票が実施された。簡単に整理すると、「反対」が43万4273票(72.2%)、「賛成」が11万4933票(19.1%)、「どちらでもない」が5万2682票(8.8%)と、投票した有権者の7割以上が「反対」の意思を表明している。投票率は52.48%だった。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 これについて沖縄1区を地盤とする日本維新の会の下地幹郎議員は、25日未明に「『反対』は43万人超、『反対以外』が計71万人」とツイートしている。同じ日の県議会では、自民党の山川典二議員が「反対は有権者の37%で、半数を超えていない」と述べている。

 いずれも、「投票者のうちの72%超が反対票を投じた」ことを無視して、分母に「有権者」を持ってくることで、「反対」の印象を薄めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1013文字 / 全文1373文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。