(イラスト=小田嶋 隆)

 2月のはじめ、俳優の新井浩文が派遣マッサージの女性に性的暴行をはたらいた容疑で逮捕された。

 事件そのものとは別に、注目されたのは、逮捕にともなって、いくつかのメディアが新井浩文容疑者の本名(朴慶培=パク・キョンベ)と国籍(韓国籍)を併記して報道したことだった。一方、これまで同様、日本名のみで記事を配信した新聞社もある。

 在日韓国・朝鮮人の実名報道問題は、安易に一刀両断の結論を提示できる話題ではない。よって当稿でも問題が提起されている旨を伝えるにとどめる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1053文字 / 全文1300文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。