英国のロックバンド「クイーン」のギタリストであり、天文学者(天体物理学の博士号を取得している)としても知られるブライアン・メイ氏が、名護市辺野古の新基地建設中止を求めて、ホワイトハウスへの嘆願署名を呼びかけた。これが内外で反響を呼んでいる。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 署名は1月8日現在で20万人を突破している。このため、ホワイトハウス側が、今後60日以内に何らかの回答をすることが見込まれており、回答次第では事態が動くこともあり得る。

 英米のミュージシャンが社会的な運動に関与するのは20世紀以来の伝統でもあれば、ロックミュージックという音楽ジャンルそのもののアイデンティティーでもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1079文字 / 全文1370文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。