米連邦公開市場委員会(FOMC)で事実上のゼロ金利が解除された。順調に拡大している個人消費が米経済をけん引する構図だが、一方で死角も存在する。中国経済の減速が明らかな今、米国の個人消費を世界が固唾をのんで見守っている。