2018年はグーグルにとって最悪の1年だった。ピチャイCEOが米下院公聴会で質問攻めにあったのは象徴にすぎない。社内ではより大きなうねりが起きた。相次ぐ社員の反乱だ。

シリコンバレー支局 中田 敦
1998年、日経BP社入社。日経コンピュータやウェブ媒体「ITpro」の記者として、クラウドやビッグデータ、人工知能を担当。2015年4月から同支局長。
<span class="fontBold">米下院の公聴会で弁明するグーグルのピチャイCEO</span>(写真=ロイター/アフロ)
米下院の公聴会で弁明するグーグルのピチャイCEO(写真=ロイター/アフロ)

 米グーグルのスンダー・ピチャイCEO(最高経営責任者)は12月11日、米下院の公聴会で質問攻めにあった。「中国政府の検閲に協力するつもりなのか」「グーグルで『バカ』と検索すると、ドナルド・トランプ大統領の画像が表示されるのはなぜだ」「孫がスマートフォンのゲームで遊んでいたら、私を辱める内容の広告が表示された」。下院議員たちが、党派を問わずグーグルに怒り心頭であることが改めて浮き彫りになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り953文字 / 全文1334文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。