トランプ政権の誕生で幕を開けた2017年はAIの活用が様々なシーンで進んだ年でもあった。AIや機械による雇用破壊が叫ばれるが、その一方で、AIが浸透することで生まれる仕事も存在する。VRによる記憶の再現や高齢者の話し相手──。果たして、どんな仕事が生まれるだろうか。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。
アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は機械学習の機能をクラウドに加えた。写真は同社のアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者)

 トランプ政権の誕生や北朝鮮の核・ミサイル開発の加速など様々なイベントが起きた2017年。テクノロジーの観点で振り返れば、AI(人工知能)の急速な浸透が挙げられる。

 米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタントAIは既に様々な機器に組み込まれている。クラウドサービスで機械学習機能を使うことも容易になった。SF小説の中の存在にすぎなかったAIは、驚くべき速さで仕事や日常に入り込んでいる。

 その過程で、AIに取って代わられる仕事も増える。人間の仕事として何が残るのかと不安視する声も根強い。だが、技術革新は雇用を破壊するだけでなく新たに生み出す側面もある。