カルパースを筆頭に、低金利環境に直面してきた米年金基金の苦境が続いている。米10年物国債の利回り低下をオルタナティブ投資で補ってきたが、それも限界に近い。9年半ぶりの利上げによって、年金基金の逆ざや状態は解消するか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1353文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。