カルパースを筆頭に、低金利環境に直面してきた米年金基金の苦境が続いている。米10年物国債の利回り低下をオルタナティブ投資で補ってきたが、それも限界に近い。9年半ぶりの利上げによって、年金基金の逆ざや状態は解消するか。