人民元が国際通貨基金の特別引き出し権構成通貨に採用され、中国は「大国」への道をまた一歩進めた。だが、COP21では途上国代表として負担増を牽制するなど、国際的な問題解決に消極的な姿勢も目立つ。自国の利益ばかりを主張するのではなく、世界2位の国家としての責任を果たすことが求められている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1420文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。