全1398文字

イタリアの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」が中国市場を一気に失う事態に陥った。差別ととられかねない宣伝動画をきっかけに、創業者デザイナーの中国を罵倒する発言が暴露され拡散した。同社製品を排除する動きはわずかな時間で、主要EC(電子商取引)サイトから免税店にまで及んだ。

上海支局 広岡 延隆
IT企業を経て2002年入社。日経コンピュータ、日経新聞を経て、日経ビジネスで自動車や電機、金融などの産業を担当。18年10月から上海支局長。
ドルチェ&ガッバーナの創業者2人が中国社会に謝罪したが、反感は収まらない

 「中国は無知で汚く臭いマフィア」。11月21日、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の創業者でデザイナーのステファノ・ガッバーナ氏によるとされる私信の内容が、ソーシャルメディアで暴露された。同社は18日、ピザやパスタを箸で食べるのに苦心するアジア系女性が登場する動画をネット上に投稿していた。冒頭の発言は、この動画は人種差別ではと批判する視聴者に言い返したものだったようだ。