「AIスピーカー」の市場を立ち上げたアマゾンの次なる一手。それは深層学習が実行できるAIカメラ「ディープレンズ」だ。店舗や工場などビジネスの現場で、動画を使ったデータ分析が可能になる。

シリコンバレー支局 中田 敦
1998年、日経BP社入社。日経コンピュータやITproの記者として、クラウドやビッグデータ、人工知能を担当。2015年4月からシリコンバレー支局長。
<span class="fontBold">動画を現場で識別・分析できるディープレンズ。2018年上期の発売予定</span>
動画を現場で識別・分析できるディープレンズ。2018年上期の発売予定

 カメラが撮影した動画の被写体が人間か否かを判断し、人間であれば表情に基づいて感情まで割り出す──。米アマゾン・ドット・コムの子会社、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が11月29日に発表した「ディープレンズ」は、深層学習によって開発したAI(人工知能)が、被写体をリアルタイムに識別・分析できる最先端のAIカメラだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1029文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。