11月19日に株式を上場した米スクエアの株価がさえない。未上場にもかかわらず10億ドル超の価値を持つとされる有望企業「ユニコーン」の代表格だった。このほかにもユニコーンの評価が相次いで引き下げられ、バブルとの懸念が高まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1406文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題