ミャンマーの11月8日の総選挙でアウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝した。ようやく政権交代が実現しそうだが、スー・チー氏にとっては予断を許さない綱渡りの状況が続きそうだ。「裏の内閣」とも言われる軍部が牛耳る「国防治安評議会」が大統領をも超える権限を握っているためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1399文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題