過熱気味だった中国の不動産市場に沈静化の兆しが見え始めている。価格上昇が著しい各都市の政府が購入制限などを強化した効果が出た。投資家の資金は不動産から鉄など商品先物市場に流れ込み始めており、新たな問題の火種となるかもしれない。