過熱気味だった中国の不動産市場に沈静化の兆しが見え始めている。価格上昇が著しい各都市の政府が購入制限などを強化した効果が出た。投資家の資金は不動産から鉄など商品先物市場に流れ込み始めており、新たな問題の火種となるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1350文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。