中国トップ2の一角をなす清華大学がその存在感を増している。科学、技術、工学、数学分野で数多く引用される論文の数で、トップに立つ米MITを視野に収める。ただし、理論研究の取り組み不足や言論の自由への制約が課題だ。

清華大を卒業する学生たち(写真=ユニフォトプレス)

 清華大学は中国が国家として屈辱を受ける中で誕生した。1900年に起きた排外運動「義和団事件」の後に、この事件の賠償金を充てて創設された。今日、科学、技術、工学、数学の4分野(STEMと呼ぶ)の研究で覇を競い得る、中国が誇る代表的な大学になっている。

 英オックスフォード大学のサイモン・マージンソン教授の調査によると、清華大発の論文は高い評価を得ている。2013~16年の間、数学・コンピューティング関連分野において被引用回数で上位1%に入る論文を、世界で最も多く執筆したのは同大の研究者たちだった。

 STEM分野でも、被引用回数で上位10%に入る論文を、同大の研究者たちが世界で最も多く執筆した。STEM分野で被引用回数上位1%に入る論文の数では米マサチューセッツ工科大学(MIT)が依然としてトップだが、清華大が「5年以内に1位」になるだろうとマージンソン教授は話す。