2016年の米大統領選を前に、下院共和党の一派閥が勢力を強めている。妊娠中絶や銃規制、不法移民に「No!」と叫ぶ主張は保守強硬派そのもの。身内の下院議長に引導を渡してまで妥協を排する原理主義集団の正体とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1310文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題