中国経済の減速と市場の飽和が鮮明になる中、中国系スマホ各社がインド市場攻略に本腰を入れ始めた。現地生産にも着手するなど、不退転の決意で取り組んでいるが、中国で成功したモデルが通用しない。ブランドイメージを確立するための宣伝費がかさむなど、難題も少なくないようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4995文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。