一眼レフカメラの販売が急減し、キヤノンやニコンが苦戦している。その中で、老舗の独ライカカメラが一眼レフにとどまらない戦略の拡大に走る。中国ファーウェイやパナソニックとの提携を強化し、存在感を高めつつある。

ロンドン支局 大西 孝弘
2001年、日経BP社に入社。06年から本誌で自動車などを担当。11年から日本経済新聞で化学と通信を担当。日経エコロジーを経て18年4月からロンドン支局長。
独ライカカメラのカウフマン会長(中央)は提携戦略を重視する

 10月25日、キヤノンが2018年12月期の純利益予想を下方修正した。主因はデジタル一眼レフカメラの販売が想定以上に不振だったことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1071文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。