中国共産党は10月下旬に5中全会を開き、今後5年間の経済政策の方向性を打ち出した。労働力人口の減少に対処するため「一人っ子政策」を撤廃する。経済の成熟がさらに進む次の5年間は、「真の大国」への試練となりそうだ。