日中韓3カ国の首脳が約3年半ぶりに会談し、会談の定例化や経済分野の協力などを確認した。南シナ海での米中対立や中韓両国の経済減速などの情勢変化を受け、3カ国の思惑が一致した。日本政府は対話を継続する中で歴史認識など難問の打開策を探る構えだが、曲折が予想される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1454文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。