中国で事業を展開する日本企業の間で、財務・経理の機能を上海から香港に移す措置の検討が始まっている。アジアの金融ハブを目指す香港の議会が優遇税制を審議していることが引き金だ。中国の“外”に資金を“脱出”させることが本音との指摘もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1375文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。