大統領選でなぜトランプ氏がクリントン氏と接戦になったのかを問うことから、米国が抱える問題が見えてくる。根本的な要因として、米国民の生活水準の低下と既存の政治家への不信がこの事態を招いている。だが、トランプ氏の政策では問題は解決しないどころか事態の悪化を招く。根本的なルールを作り直す必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3344文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題