日本と中国が受注を競っていたインドネシアの高速鉄道計画で、中国案の採用が決まった。日本のODA受取額が最も多い「親日国」での敗北だけに衝撃は大きい。中国の破格の条件に破れたとされるが、敗因はそれだけではなさそうだ。