日本と中国が受注を競っていたインドネシアの高速鉄道計画で、中国案の採用が決まった。日本のODA受取額が最も多い「親日国」での敗北だけに衝撃は大きい。中国の破格の条件に破れたとされるが、敗因はそれだけではなさそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1347文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。