ドイツのアンゲラ・メルケル首相が大規模な難民受け入れを表明してから約1カ月がたった。国際的な称賛の高まりとは裏腹に、ドイツ国内では受け入れに伴う混乱と反発が広がっている。一方、独フォルクスワーゲンの排ガス不正問題が浮上、メルケル政権への影響が懸念される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1387文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題