米国が連邦政府のIT投資を削減すべく、奇策に打って出た。政府機関が開発した業務ソフトウエアを「オープンソース」として公開。組織をまたいでソフトを再利用することで、調達の重複を防ぐ。