欧州の銀行の経営不安が再燃している。ドイツ銀行は米司法省から巨額の和解金を要求され、株価が急落。多額の不良債権を抱えるイタリア大手銀行も年初来、再建が難航している。抜本的な対策が必要だが、政治の決断は遅れている。問題先送りは、欧州金融危機につながりかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1408文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題