中国アリババグループの物流関連会社が、宅配荷物の受け取り拠点を増やしている。背景にはネット通販の急成長に加えて、労働力の減少により宅配が難しくなるとの予測がある。既に中国の生産年齢人口は減少に転じた。アリババの動きは中国の課題を先取りしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1349文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題