自動運転技術の進歩により、クルマが新たな生活空間となる時代が間近に迫っている。成熟するスマートフォン市場に代わる事業機会と見て、ネット企業が大きな関心を示す。新市場を巡る、自動車メーカーとの駆け引きが今後活発化しそうだ。